おすすめロードムービー、洋画編。




f:id:milkteq:20200916192424j:plain

 

どこか遠く知らない場所へ出掛ける・・ということがもう10年以上ないわたしです。だからでしょうか、ロードムービーを観るのが一番好きです。

今日はとっておきのロードムービー(洋画編)を7選。(あらすじは「キネマ旬報社」データベースより)

 

はじまりへの旅

youtu.be

奇想天外な一家の絆を描いたロードムービー。ベンと6人の子どもたちは、アメリカ北西部の森の奥で現代社会から離れて暮らしていた。ある日、入院中に亡くなった母の葬儀と最後に残したある願いを叶えるため、ニューメキシコへ2400kmの旅に出る。

 

生活だったり教育だったり、ありえないことばかりでとんでもない映画だな・・と最初は思ってたのですが。母親の病気やなぜこんな生活を始めたかを知ると、途中からはやってることめちゃくちゃでも応援してしまう。

賛否両論ある映画ですが、わたしは好きです。

 

グッバイ,サマー

youtu.be

ミシェル・ゴンドリー監督が手掛けた青春ロードムービー。多くの悩みを抱えた画家志望のダニエル。ある日彼のクラスに、変わり者の転校生・テオがやって来る。意気投合したふたりは、息苦しい毎日から抜け出すためのある計画を考え付く。

 

最初は男の子って可愛いなーと思いながら観るんだけれど。

そうそうこの年頃って急激に成長をしてしまうものだった・・幼さって脆いものだったと思い出させてくれる映画です。

アメリが好きなので、オドレイ・トトゥが出お母さん役で嬉しい。

 

ザ・ピーナッツバターファルコン

youtu.be

『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサーが贈るハートフルストーリー。養護施設で暮らすザックは、プロレスラーになることを夢見て施設を脱走する。一方、兄を亡くした漁師のタイラーは、他人の獲物を盗んでいたことがばれて逃げ出すが…。

 

「 リトル・ミス・サンシャイン」と迷ったけれど、こちらの方が好きです。

ダメな大人が主人公だと見てしまう。わたしもダメな大人だからかな。幸せになってくれーって。

最後まで楽しく観れる、本当にハートフルな映画です。

 

おみおくりの作法

youtu.be

『フル・モンティ』のウベルト・パゾリーニ監督が、孤独や死、人と人の繋がりを描いた感動作。ひとりきりで亡くなった人を弔うロンドン市の民生係、ジョン・メイ。彼は人員整理で解雇の憂き目に遭い、最後の案件にこれまで以上の熱意で取り組む。

 

人のために仕事をするってこういうことなのだと、改めて思う。本当に大切なことばかりぎゅっと詰まった映画です。最後はハッピーエンドなのだと思いたい。

 

LIFE!

youtu.be

ベン・スティラー監督・主演による、ヒューマンアドベンチャー。廃刊が決定したライフ誌を手掛けるウォルターは、最終号を飾る写真のネガがないことに気付き旅に出る。

 

わたしも妄想するけれど、主人公の妄想には負けます(笑)良いな、こんなに変わっていけたら。最後までドキドキする。人生に希望を持って良いのかもと思える映画です。 

 

パピヨンの贈りもの

フランスの名優、M・セロー演じる偏屈な老人と孤独な少女のヒューマンドラマ。ある日、エルザは、同じアパートに住む老人・ジュリアンの幻の蝶を探す旅に勝手に付いて行く。ふたりは反発し合いながらも友情を育んでいくが…。

 

蝶を探しにいくなんて素敵だなと借りた映画でした。奔放な女の子の容赦無い質問責めにタジタジになるおじいちゃんに和まされつつ、誰だって内なるものを秘めていて、孤独で寂しいんだと思い知らされる。

いつまでも心に残る映画です。

 

モーターサイクル・ダイアリーズ

学業もほぼ修了となった医学生のエルネストと、親友のアルベルトの二人が出掛けたバイク旅行を中心に描いた青春映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」をパッケージ化。ガエル・ガルシア・ベルナルほか出演。

 

 恥ずかしながら・・この映画を観るまで、チェ・ゲバラが何者なのかよく知りませんでした(笑)チェ・ゲバラ(エルネスト)がどのように生きる指針を見つけ、革命家になったのかという映画です。

エルネスト役のガエル・ガルシア・ベルナルがとても良いです。

 

人気ブログランキングブログ村ランキング